【コペン(L880K)】DIYでATF交換してみました

タイトルの通りです。

どこかでやろうと思って、オイルなど少しずつ揃えていたのですが、、暑くなる前に!と思い、朝早くやら作業やり始めました。

やろうと思った一番の理由は、シフトチェンジするときの振動が思ったよりあったためです。

オイル交換もだけど、多走行(9.5万キロ)にもなってきたので、これからも長く乗りたいってことも含めて、やることにしました。


交換するために用意したのはこちら。

・アイシンのATFプラス(ATF+)
・添加剤として、RESPOの「RESPO AT」

添加剤は、効果と評価も見て、良さそうかな?って思うものをチョイスしてみました。

それぞれ、コチラ参照してみてください。


ここからは交換の手順です。

1.ATFのレベルゲージの位置確認

ここからATFも入れるので、確認しておきます。

エンジンとバッテリーの間にある、オレンジっぽいものがそれです。
下の写真の赤丸のところにあります。


2.ATFを抜きます。

場所は助手席の下になります。

そこにあるオイルパンに、14mmのボルトがとまっているので、これを緩めます。

緩めすぎるとオイルが出てくるので、ちゃんとオイルをキャッチできるようにしてから作業しましょう。

緩めたらオイルが出てきます。

あとで入れるオイルの量のこともあるので、こぼさないようにして、抜けたオイルの量は計っておくようにします。

今回、抜けたのは2Lちょっとでした。

ドレンボルトについては、パーツクリーナーで洗浄して、オイルが抜き終わったところで再び締め付けます。

締め付けトルクを気にして、トルクレンチで締めます。
今回は28Nで締め付けました。


3.オイルを入れます。

オイルを入れるのは、ATFのレベルゲージのところからです。

ここに、透明のホースを入れて、上にじょうごをつけて、そこからオイルを入れ込みます。

じょうごのところには、養生してオイルが垂れても大丈夫なようにしてます。

まずは、添加剤を入れます。

量は全体の3〜5%ほどとのことでした。事前にちょこっと別のに使ったので250mlほど入れきりました。

あとは、ATFについては、抜いた量になるように入れ込みます。
(2Lちょっと(2050) ー 添加剤250ML =  1.8Lほど)

あとは、片付けた後で、エンジンをかけて、(ブレーキしっかり踏んだ上で)シフトチェンジを何度かしてみて、おかしくないかチェックです。


備忘録:交換時走行距離。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA