コペン(L880K)ミッションオイル交換

車検のときに交換しようと思っていたのですが、交換したら壊れますよーって言われたので悩んだのですが、ネットのみなさんにも聞いて、結論としてやはり交換することにしました!

でも、せっかく換えるんなら、DIYでしようと思ったので、Youtubeやみんカラなどで予習したうえでやることにしました。


調達したオイルはこちら

TRUST(トラスト)の「GReddy ギアオイル 75W-90」

千葉市に行った帰り道、どうかな?と思って立ち寄ったクリスタル(http://www.c-jpn.com/)が結構安く、ここで調達してきました。

みんカラで使った方がいらっしゃったので、これに決めました。

(使ったあとで雨降っちゃったので…水滴ついてますが)


オイルも準備できたので、作業開始!!

1.まずは、ジャッキアップ

ジャッキが入らないときがあるので、スロープ今回買って、そのうえでジャッキアップ+馬がけしました。

これ、あると楽ですね〜♪

 

2.次に、左前タイヤを外します。

タイヤを外したところのスペースから、ドレンプラグの取り外しします。

 

このように、奥まで見ると外すべきボルト(ドレンプラグ)が見えてきます。

 

まずは、入れる場所が抜けるか?をチェックする必要があるので、上のドレンプラグを外します。

Youtubeで見たところ、メガネレンチでやってた方がいたので、持っていたメガネレンチでチャレンジ。

 

でも、固くて取れない><

何度やっても、ダメで手が痛くなってきたのであきらめ!!

 

もう1つの手段を試すために、1週間待ちに・・。

追加調達したのはこれ。

ソケットレンチのエクステンションバー!(モノタロウで調達)

これを使って、左ホイールハウスから伸ばしてアプローチ!

これで、外れました!!!

(正直、ここまでが長かった…)

 


あとはやるだけです。

 

3.古いオイルを出す。

上のドレンボルトは抜かずにやりました。

抜くと、勢いよく出てくるので気をつけてください。

 

ここまでくれば、あとはオイルの出るのを待って入れるだけ。

 

…と思い、ドレンプラグをお掃除。そしたら、

上のドレンプラグにはガスケットがついてなかった!

下は・・あれ?

2枚重ね・・?

 

まぁ、なんとかなってたからよしとしますが、この距離まで一度もオイル交換していない!ってわけでないと判明しただけでもよしとします。

 


出てきたミッションオイル・・汚れてますね。

やってよかったです。

 


4.オイル投入!

オイル投入ですが、、本来なら専用の器具があるのですが、そんなものあるわけではないので、これで代用。

はい、いわゆる「灯油ポンプ」ですね。

 

これを使って、先ほどのミッションオイルの缶から流し込みます。

あ、ミッションオイル缶は(今回は夏だったのでそこまで意識していませんが)

少し温めておくことをおすすめします。少しオイルは固いので。

 

ここは…オイル投入するときは撮る暇なかったです。割愛させてもらいます。

 


5.締め付け

最後に・・締め付けトルクは忘れずに。

今回は40Nでつけました。

 

 

 


備忘録、走行距離(交換時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA